「バイク用品」カテゴリーアーカイブ

オフロードヘルメット YX-6

YAMAHAのオフロードヘルメット YX-6を買いました。 さっそく、雨もようのダートを走ってきました。

視界

視界良好です。左右も上下も十分広い視界があります。 バイザー(ひさし)の角度をグッと下げると、視界にひさしが入ってきます。 続きを読む オフロードヘルメット YX-6

オフロードヘルメット選び

今度買う、オフロード練習用ヘルメット選びました。 ヘルメットに求める条件は6つです
顔面から転倒しても歯が折れないようにガードされている
顔から地面にぶつかるようなコケかたをする時があるので、アゴのガード必須だと思っています。ジェットはチョット不安です。
視界が広い
どこのラインを走るかを必死になって見るので、広い視界は欲しいです。フルフェイスだと視界の上下幅が足りなく感じます。
ゴーグルが使える
泥やホコリが付いた時、シールドより目に近い方ゴーグルのほうが、泥やホコリが視界の邪魔になりにくので好きです。スペアレンズが1000円くらいからあるので、土や泥で傷ついて交換する時にお財布に優しくもあります。シールドは、ドシャ降りの時用です。
高すぎない
転倒などで傷んで使えなくなっても、泣きたくならない値段がいいです。
シールドがある
雨で、ずぶ濡れにならないようにシールドは欲しいです。雨だとゴーグルは曇りやすいのも難儀です。普段ゴーグルで走る時は、取り外せるシールドが良いです。
公道でも使える
公道でもチョットは使うので、道路交通法第71条に違反しないヘルメットを選びたいです。高速道路などでは使わないので、風切り音低減などの高速走行対応機能はどうでも良いです。
どんなヘルメットがあるのかリストアップしてみました。 続きを読む オフロードヘルメット選び

FORMA Advenetureを使った感想

  • 安全性は、CE Level 2 をクリア  脛と踵部分はTPU(熱可塑性ポリウレタン)
  • 土踏まずにステンレスのシャンク
  • DRYTEXで防水透湿
  • 素材はフルグレインオイルレザー  皮の表皮に近い銀面をスムース加工せず 自然なまま鞣した革に、 オイルを浸みこませて耐久性と しなやかさを増した革
FORMA Advenetureは、イタリアにあるFORMA社のエンデューロ・ブーツです。 モンゴルでオフロードツーリングに履いていった感想です。

靴底は丈夫

続きを読む FORMA Advenetureを使った感想

夏のバイク、暑さ対策

夏、気温35度超えるような日にバイクで走る時の暑さ対策と、安全性確保の両立は、悩ましいです。

半ヘルにTシャツ、半パンという涼しさ最優先で走るほど、自信と勇気はありません。

は、オープンフェイスヘルメットを、水を含ませたクールインナーキャップの上に着用しています。

水を含ませておけば、1,2時間は気化熱をで冷却してくれます。

ただ、ピッチピッチのヘルメットだと、きつくなり過ぎて頭が痛くなるので注意です。布より厚みがあるので、インナーキャップがOKでも、これだと頭が痛くなることもあります。 続きを読む 夏のバイク、暑さ対策

タイヤの交換の目安

タイヤはどのくらいで交換するのかは、人それぞれ

ライダーのみなさんが、交換の目安としている条件を箇条書きにしてみました。

  • スリップサインの高さまでタイヤが削れてきたら
  • 一定の走行距離を走ったら
    • ハイグリップタイヤで3000kmくらい走ったら
    • 主に峠など加減速が多いルートを5000kmくらい走ったら
    • 主に直線が多く加減速少なめのルートを10000kmくらい走ったら
  • 溝が浅くなってきたなぁと思ったら
  • 走ってなくても3年経ったら
  • タイヤに細かいひび割れや変形が出てきたら
  • タイヤが不均一に減って形が変だと思ったら
  • 指で押してみてゴムが固いかも?と感じたら
  • 定期点検でバイク屋さんにタイヤ交換を勧められたら

続きを読む タイヤの交換の目安