「バイクウェア装備」タグアーカイブ

Forma Adventure 購入

Forma Adventure ブーツを買いました。箱開けて履いてみた印象です。

サイズは+0.5cm:

スニーカーのサイズより0.5cm大きいサイズでジャストでした。素足での足の長さ(親指からカカト)より1㎝大きいサイズです。

重い:

ツーリングブーツの2倍くらいの重さに感じます。
革製の重い登山靴よりも重いです。
たくさん歩くなら疲れそうな重さです。

足首曲げ伸ばしは、固め

靴を履いて足首曲げ伸ばしはできますが、前方に曲がる角度は30度くらいまでです。45度は曲がりません。
全力で体重かけたりすればもっと曲がるかもしれません。

オフロードブーツよりは柔らかいですが、オンロードブーツよりオフロードブーツ寄りの固さです。
GaerneのG-ADVENTURE、G-MIDLANDと比べると、だいぶ固いです。

革も固い

革をコンコンと叩いた感じは、文庫本より固く、ハードカバーの表紙よりは柔らかい感じです。
つま先から筒口まで革の固さは同じです。
革が柔らかくなってくるのかもしれませんが、新品の時は固いです。
厚い皮なんだろうと思います。

バックルは軽快

バックルは4つともプラスチックで、作りも細めです。オフロードブーツのバックルのような丈夫さを感じません。トライアルとかでガツンと何かにぶつけたり、何度も転倒したりしたら、壊れるような予感がします。
倒れずに走り続ける前提の長距離オフロードツーリングでは問題ないと思います。

スタンディングで走る人むけではない

Forma のアメリカサイト(formabootsusa.com)の記述に、「金属で出来たギザギザのオフロード用ステップのバイクでの使用はおススメしない」という以下の記述がした。

These boots are not recommended for use with kick-start bikes or bikes with aggressive motocross style foot-pages.
If you are ridier that mostly stands up when you ride, we would recommend the Forma Terra Evo boots

軽い専用ソールが、オフ車のメタルステップには不向きだそうです。
ステップに立って走る人には、 Forma Terra Eve がおススメだと書いていてあります。

逆さま鉄の爪が靴底に食い込むような凶悪なステップのオフ車に立って乗ると、ソールが削れそうな予感はします。

step-rubber
別売ステップ・ラバー

アドベンチャーバイクなら、オフ車のステップのように凶悪なステップではありませんし、ステップにラバーが付いていたりするので大丈夫そうです。

ドロドロ、ヌルヌルの路面や、飛んだり跳ねたり、急坂だったり鉄爪でないと不安になるよう場所がチョットだけなら、ステップに取り付ける別売のラバーを使うこともできそうです。

立つための設計ではなさそう

ソールの、土踏まずの部分がフラットではなく、幅も狭いので、ステップに立った時の足の位置の自由度が制限されそうな形状です。

スタンディングで走る人向けにForma社がおススメしている Forma Terra Eve は、ソールにスチールシャンクが入っています。ソールの剛性が高いので、たち心地は Forma Terra Eve のほうがAdventureより上だと思われます。

セローなどのギザギザのオフロード用ステップに立ちっぱなしで走るスタイルの人向けのソール設計ではなさそうです。

耐久性、たち心地の両面で、スタンディング中心の人には不向きだと思われます。

ソールは酷使できない

接着ソールなので、ソールが削れてきた時のソール張替も難しそうです。

GaerneのED-PRO art.405にあるような足の先端、つま先の金属のガードがありません。

つま先をぶつけたり、擦ったりした時のソールの剝がれが心配になるような走りをする時に履くのには不向きかだど思われます。

このアドベンチャーブーツも、GAERNE G-ADVENTUREも、アドベンチャーバイク向きのブーツであり、オフ車の鉄の爪に靴底を削られることに耐えるようにはなっていないようです。

逆さま鉄の爪が靴底に食い込むような凶悪なステップのオフ車に立って乗ると、ソールが削れそうです。

オフ車も、鉄の爪ステップの鉄の爪をゴムでカバーする部品が販売されていますが、ドロドロ、ヌルヌルになると滑りそうな気がします。

ヘルメットの重さ比較2

ヘルメットの重さ

会社 製品 タイプ 重量(g)
SIMPSON M30 BANDIT DOT Carbon Fiber フルフェイス 1,134
nexx XG100 CARBON フルフェイス 1,200
GIVI 40.5 X-Carbon フルフェイス 1,230
AGV AX-8 Dual Carbon フルフェイス 1,250
SIMPSON M30 カーボン(日本仕様) フルフェイス 1,250
WINS A-FORCE RS JET ジェット 1,260
AGV
SPORTMODULAR(日本仕様)
システム 1,280
HJC (RS-TAICHI) RPHA11(日本仕様) フルフェイス 1,300
SHOEI VFX-W オフロード 1,303
SHOEI J-FORCE IV ジェット 1,315
BELL M5XJ CARBON フルフェイス 1,320
AGV CORSA E2205 MULTI (MS Size) フルフェイス 1,350
SIMPSON M30 BANDIT フルフェイス 1,360
SHOEI VFX-WR オフロード 1,360
YAMAHA RPHA JET ジェット 1,365
YAMAHA RPHA 10 PLUS フルフェイス 1,375
YAMAHA YX-3 GIBSON T-2 オフロード 1,375
SHOEI Z7 フルフェイス 1,385
ARAI VZ-RAM フルフェイス 1,400
WINS A-FORCE RS フルフェイス 1,400
BELL M5XJ フルフェイス 1,400
OGK OGK RT-33R GLODIS フルフェイス 1,420
SHOEI QWEST フルフェイス 1,447
Arai SZ-RAM4 ジェット 1,450
SHOEI RYD フルフェイス 1,464
YAMAHA ZENITH YJ-17 ジェット 1,480
SHOEI J-Cruise ジェット 1,474
SHOEI GT-Air フルフェイス 1,524
SHOEI HORNET ADV オフロード 1,540
Arai QUANTUM-J フルフェイス 1,580
Arai ASTRO-IQ フルフェイス 1,610
Arai XD フルフェイス 1,620
Arai RX-7X フルフェイス 1,620
YAMAHA YX-6 ZENITH GIBSON オフロード 1,660
SHOEI X-Fourteen フルフェイス 1,664
SHOEI NEOTEC 2 システム 1,704
SHOEI NEOTEC システム 1,725
OGK KABUTO IBUKI システム 1,730

防水グローブは複数必要?

1日くらいの雨なら耐えられる防水グローブも、
毎日雨が降り続けるツーリングだとダメになってきます。

連日の雨が降り続いていても大丈夫な究極の防水手袋が見つかるまでは、1日なら使える手袋を複数もっていって、グッショリになったら取りかえればいいじゃないかって思ったりもします。

下着は毎日着替えるのだから、防水手袋も着替えれば良いだけのことかもしれません。

連日の長雨の中を走っいると、出会ってしまう防水グローブのダメな現象は、いろいろです 続きを読む 防水グローブは複数必要?

耐水圧・透湿性の値はいくつ?

レインウエアの耐水圧と透湿性の数値はどの程度の値が必要か調べてみました。

登山やゴルフ、スキーとは、風圧が違うので、風圧に応じた高い耐水圧が必要になります。

耐水圧

耐水圧の数値は、バイクなら耐水圧20,000mm以上必要です。 続きを読む 耐水圧・透湿性の値はいくつ?

違反ではないヘルメット基準

バイクのヘルメットには、「道路交通法」の基準と、「消費生活用製品安全法」の基準があります。

道路交通法」の基準に違反すると減点になります。

消費生活用製品安全法」は、ヘルメットを販売する人(個人や会社)に適用される法律なので、販売しない限り抵触することはありません。

道路交通法

道路交通法が定めるヘルメットの基準は、以下の7項目だけです。

  1. 左右、上下の視野が十分とれること。
  2. 風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
  3. 著しく聴力を損ねない構造であること。
  4. 衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
  5. 衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
  6. 重量が2kg以下であること。
  7. 人体を傷つけるおそれがある構造でないこと

PSCマークが無くても減点にはならない

続きを読む 違反ではないヘルメット基準

バイク用ブーツのCE規格

バイク用ブーツのCE規格は、EN 13634です。

CE規格EN13634が定めている基準は、以下のような内容です。

  1. 固さ  :倒れたバイクに足が挟まれても、靴が簡単に潰れないか
  2. 耐衝撃性: 足に受けた衝撃を、ブーツがどの程度緩和するか
  3. 耐摩耗性: 転倒時に路面で削れてしまうのを防ぐ耐摩耗性
  4. 耐久性: 通常の使用状態で簡単にすり減って穴ができない耐久性
    • ドライでの耐久性
    • 濡れた状態での耐久性
  5. 防刃性:尖った金属などが飛んできても、ある程度足を保護するか
  6. 丈夫さ :衝撃で靴がバラバラになってしまわないか
    • つま先が何かに衝突しても、靴底の簡単に剥がれないか
    • 縫い目・ツナギ目から簡単に分解しまわないか
    • 素材が簡単に裂けてしまわないか
  7. 大きさ :靴が保護する部分の広さ
    • 足首をカバーできる靴の深さがあるか
    • すね当ての大きさ、くるぶし保護部の大きさが規定以上か
    • シャーリングが大きすぎないか(脆弱なので小さい方が良い)
  8. 靴底の質
    • 靴底の厚さが規定値以上か
    • 靴底靴底の溝が、スリップ防止効果が期待できる深さがあるか。

といった基準を満たしたブーツが、CE規格のバイク用ブーツとして、CE認定マークを表示することができます。

それぞれの基準は、具体的には以下のように定められています。 続きを読む バイク用ブーツのCE規格