「車両」タグアーカイブ

YAMAHA Tracer 900

10日間3450㎞のツーリングをした時のトレーサー900(2018年型)のインプレです

モードSTD, A, Bで性格が変わる

  • モードBは、もっさりしてます。
    バイクが柔らかくグニャとした感じがする走り心地です。
  • STDモードだと、しっかりします。
    バイクにピシッと芯が通った感じで快適です。
  • モードAだと、快活です。

モードは走行中に左手のスイッチをワンプッシュすると切り替わります。
走りながらモード切替えてみると、モードSTD, A, Bの性格が違いが歴然とわかります。

モードBもアリですが、STDやAで走るとBで走りたくなくなるほど、STDやAが快適です。
STDモードで充分に大人しいので雨でSTD、晴れでモードAでした。

TCSは、1かOFF

トラクションコントロール(TCS)は、OFF、1、2の3段段階です。

TCS=2だと、エンブレの効きもマイルドになる感じでした。

コーナーでアクセル戻してもエンブレの効きが悪いので、ブレーキを多めに使う感じがするTCS=2は好きになれなかったので、1かOFFで走っていました。

シートは高め

シート高は、2段階に調整できます。

低い位置で850mm、高い位置だと865mmです。

股下84cmの足だと、シートを低い設定にしても、両足をつくとカカトが浮きます。

高速走行快適

新東名の120㎞/h区間の走行も余裕です。加速も、減速も、車体の硬さも、不足不満はありません。

エンジン出力は電気モーターのように滑らかで、振動も音も静かです。エンジンが背伸びしてる感じにはなりません。

真直ぐ座る乗車姿勢なので、風は受けます。

シールドの効果は限定的

シールドは、高さ調整が工具なしでワンタッチでできます。

一番高い位置にしても顔には風が当たります。
頭を下げてもシールドでカバーしきれません。

ブレーキは自然

ガツンと減速しても、不安なく減速しています。

MT-09のように、フロントが沈み過ぎて前のめりになることはありません。
ABSの介入に不自然感もありません。

超低速はざらつく

2000回転以下で、最徐行で走っていると、滑らかなトルク感が無く、ざらつく感じがあります。鼓動感があるとも言えますが、超低回転の時だけです。

ハンドルはコンパクト

ハンドルの幅は、85cm。95cmあったMT-09より10cmも短くなっています。

MT-09にように、胸を開いてハンドルを握る感じは無くなりました。

右グリップ側には、オイル。左グリップ側にはETCがくるので、ハンドルにカメラやスマホを装着するスペースがあまりありません。

シート下は狭い

シート下には車検証くらいしか入りません。
ETCユニットも入らなそうです。

燃費は20㎞/lくらい、満タンで350㎞

ガソリンタンクは、18リットルです。

満タンで、360㎞くらい走れます。

高速道路をおとなしく走っているだけなら、燃費は30㎞/lくらいにはなります。

クラッチは軽い

10日間3450㎞走りましたが、クラッチを握る左手が疲れることはありませんでした。

CB1100バンクセンサー曲がる

CB1100 RS右バンクセンサーが曲がりました。

内側に折れるように曲がっています。

バンクセンサーがここまで曲がると、センサーより先にマフラーが接地しそうで不安になります。

マフラーなどの固定された部分に接地すると、接地点に重さがかかり、タイヤにかかっていた接地圧が減ります。
最悪タイヤが滑って転倒します。

バンクセンサーの重要性

続きを読む CB1100バンクセンサー曲がる

大型バイク海外生産が招く危機

バイクの海外生産が進んで、大型バイクも海外生産されるようになってきました。

生産国 メーカー 車種 排気量
タイ KAWASAKI Z650 650
タイ KAWASAKI VULCAN S 650
タイ KAWASAKI VERSYS-X 250 250
タイ HONDA Rebel500 500
タイ HONDA CRF250L 250
ベトナム HONDA PCX150 150
ベトナム HONDA LEAD125 125
ベトナム HONDA PCX125 125
ベトナム HONDA Dio110 110
インド HONDA NAVI 110 110
タイ HONDA GROM 50
中国 SUZUKI GSX250R  250
中国 SUZUKI V-Strom 250 250
インド SUZUKI GIXXER 150
中国 SUZUKI Address125 125
インドネシア SUZUKI Address110 110
インドネシア YAMAHA YZF-R25 320
インドネシア YAMAHA XMAX 250
インドネシア YAMAHA NMAX155 155
台湾 YAMAHA CYGNUS-X SR 125
タイ YAMAHA TRICITY125 125
台湾 YAMAHA JOG ZR 50

日本人好みの二輪が無くなる危機

続きを読む 大型バイク海外生産が招く危機

CRF125F

HONDA CRF125Fで、ダートやガレ場、草地、公道ではない舗装道路を走ったインプレです。

軽さ抜群

車体の重量を感じることなく、自分の体・姿勢だけ挙動が決まる感じは、自転車に乗っているみたいです。

CRF250Rのような重心の高さ、車体の大きさを感じません。

車重は、88㎏と超軽量。
CBR250R(164kg)より76 kgも軽いです。
50㏄のスパーカブ(96㎏)よりも8 kg軽いです。

丈夫

続きを読む CRF125F

BMW R1200RS 2017年モデル

BMW_R1200RS テカポ湖にて
BMW_R1200RS(2017年モデル) テカポ湖にて

BMW R1200RS 2017年モデルで、3400㎞ツーリングしたインプレッションです。

直線でもカーブでもスピードを楽しみながらツーリングできるバイクでした。

高速巡航を重視したバイク

120km/h前後でクルーズしていると、速度感あまり感じないほど安定しています。
この速度域でのパワーも充分で、加速も追い越しも楽です。
(海外で乗りました。道交法違反していません)

続きを読む BMW R1200RS 2017年モデル

CB650F

CB650F 2014年モデルで2日走りました。
乗りやすいバイクですが、個性もありました。

座った感じ

タンクをキッチリホールドして、ピタッと吸い付く感じのするタンクホールド感が好印象です。
左右ステップの幅が狭く、右足の踵と左足の踵の距離が近くヒールホールド感も良好です。

シートはかなり高めの810㎜で、MT-07より5㎜高く、Z800より24㎜低くいものの、CB400SFの 755㎜より55㎜高い、高めのシートです。
シート幅が広くないのでシート高の数字から連想するほど足つきも悪くありません。 続きを読む CB650F