疲れない走り

スラロームの練習を丸1日やって、体力的にエコで疲れにくい走りに目覚めました。

体力削らないにエコな走り

体力や筋力を消耗しない走りに貢献したと思えるのは、

  • エンジンの力で倒す
  • 無駄な加減速を省く
  • 両足を同時に使う
  • 後ろ乗り

といったことでした。

約7千回パイロンを旋回(走行距離56㎞、パイロン間隔が3m~5mで平均は4.5m、走行距離は前輪の走行距離であることから計算)しても、爽快でした。

筋肉痛に苦しむこともありませんでした。 続きを読む 疲れない走り

No tags for this post.