「HONDA」カテゴリーアーカイブ

CB1100バンクセンサー曲がる

CB1100 RS右バンクセンサーが曲がりました。

内側に折れるように曲がっています。

バンクセンサーがここまで曲がると、センサーより先にマフラーが接地しそうで不安になります。

マフラーなどの固定された部分に接地すると、接地点に重さがかかり、タイヤにかかっていた接地圧が減ります。
最悪タイヤが滑って転倒します。

バンクセンサーの重要性

続きを読む CB1100バンクセンサー曲がる

CRF125F

HONDA CRF125Fで、ダートやガレ場、草地、公道ではない舗装道路を走ったインプレです。

軽さ抜群

車体の重量を感じることなく、自分の体・姿勢だけ挙動が決まる感じは、自転車に乗っているみたいです。

CRF250Rのような重心の高さ、車体の大きさを感じません。

車重は、88㎏と超軽量。
CBR250R(164kg)より76 kgも軽いです。
50㏄のスパーカブ(96㎏)よりも8 kg軽いです。

丈夫

続きを読む CRF125F

2018年型CB400は3馬力アップ

「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」の出ガス規制対応モデルが今日10月20日から発売です

前のモデルからの変更点として発表されいるのは

  • 最高出力が+2kwの41kw(53馬力から56馬力)にアップ
  • ヘッドライトがLEDに
  • 前後サスペンションの熟成
  • タイヤの空気バルブがI型から、L字型に
  • 排ガス規制対応の小型2室構造マフラー

です。

2kw (3馬力)のパワーアップは、5%アップです 続きを読む 2018年型CB400は3馬力アップ

CB650F

CB650F 2014年モデルで2日走りました。
乗りやすいバイクですが、個性もありました。

座った感じ

タンクをキッチリホールドして、ピタッと吸い付く感じのするタンクホールド感が好印象です。
左右ステップの幅が狭く、右足の踵と左足の踵の距離が近くヒールホールド感も良好です。

シートはかなり高めの810㎜で、MT-07より5㎜高く、Z800より24㎜低くいものの、CB400SFの 755㎜より55㎜高い、高めのシートです。
シート幅が広くないのでシート高の数字から連想するほど足つきも悪くありません。 続きを読む CB650F

CB400 SUPER BORDOR 2015

ABS付きの2015年モデル乗りました。

雨の日も含め、1200kmほど走りましたが、ABSが不自然に介入してくるのを感じたことはありませんでした。極めてナチュラルです。

ギアインジケータがついているので、何速なのかわかって便利

他は2012年モデルのCB400 SuperBordorと何も変わった気がしませんでした。

ハンドルの切れも自然なので、狭くてRが小さいカーブの連続も安定して走れます。

低速トルクの十分あります。4速でも発進できちゃいます。

120km超えてのクルージングも安定してます。
でも、このあたりから、エンジン音が「頑張って仕事してます!」的な音になり余裕で回っている感じがしなくなります。

セミカウルの効果はあまり実感できません。
Super FourSuper Bordorも似たような感じです。

バイクの車種が少ないな

ABS付きのCB400 Super Bordor 2015年モデルでツーリング行き、3日で1000kmちょっと乗りました(インプレはこっちに書きました)。

CB400Super Fourも含めて、CB400に少し飽きてきた気もしますが、
市販されているバイクの車種が少なく、選択肢があまりありません。
市販されているバイクの車種が減っている原因は、バイクの需要が減少のようです。 続きを読む バイクの車種が少ないな