「ツーリング」カテゴリーアーカイブ

モンゴルをオフ車で走る予定

来月モンゴルでオフ車に乗って草原をツーリングすることになりました。

バイクはセロー250で、草原(ダート)を300km、ロード100kmほど走る予定です。

4輪のサポート車両が、ガソリンや水などを持って伴走してくれます。

宿泊

夜は草原でテント泊です。
水洗トイレやシャワーなどは無いと思われます。

食事

食事は、3食とも、サポートカーで同行するスタッフが作ってくれます。
コンビニもレストランも無いので、作ってくれた食事を食べるのみです。

チョコレート、ナッツ、一口羊羹とか嗜好品は持って行くつもりです。

装備

エンデューロブーツを履いていきますが、それ以外はオンロードツーリングの装備で行く予定です。

荷物は伴走車に預けるので、シートバッグやタンクバックは無しです。
伴走車に積載するので、荷物は、ハードタイプのスーツケースではなく、ソフトバックに入れて持ってくるようにとの指示がありました。
飛行機に乗る際に預け入れる荷物は、ソフトバックにします。

モバイルバッテリー

電気はなさそうなので、大容量のモバイルバッテリー持って行きます。カメラ、ビデオ、GPS用です。
モバイルバッテリーは、2g以下でワット時定格量が100Wh(5V出力だと20000mAh)以下なら何個でも機内持ち込みOK

100Whより大きく160Wh(5V出力だと32000mAh)までのモバイルバッテリーは2個までOK

季節

モンゴルと東京の雨温図
モンゴルと東京の雨温図

6月、7月、8月は夏で、草原を走るのには良い季節らしいです。

ウランバートルの6~8月の気温は、東京の春(4月、5月)、秋(9月、10月)の気温です。

ウランバートルの6~8月は雨期ですが、東京の6月の降水量の半分もありません。

の出が遅い時期に行くので、月が登るまでは綺麗な星空にも期待しています。

道路

右側通行(日本と反対側)

国際免許証の対象国では無いので、国際免許証による運転は出来ない。 

道路に標識がないので、地図は意味をなさない。
実際には現地の運転手の案内ないし、GPSが無いと、迷う可能性が高い

舗装道路も、路面が荒れていて陥没や凹凸が多い

モンゴル基本情報

通貨

100トゥグルグ=約4.17円
1日本円=約23.9トゥグルグ

観光客向けのお店やツーリストキャンプでは米ドルがそのまま利用できる

ビザ

滞在期間が30日以下なら不要

電気
        • 電圧:220V、50~60Hz
        • コンセント:タイプC(丸い2穴)が主流。
必需品
        • 日焼け止め、帽子:夏は、日差しがかなり強い
        • のど飴やマスク:空気が乾燥している
        • 懐中電灯やヘッドライト:ときどき停電がある
その他
        • チップの習慣はない
        • 公衆トイレはほとんどない
        • 飲料水は必ず煮沸する
        • 乗馬が格安
          バイクツーリング終わったあと、現地ガイドと馬を手配して、1週間ほど馬で草原を移動しながらキャンプする予定です。

九州ー大阪・神戸フェリー

九州から神戸へのフェリー(サンフラワー)に乗りました。

乗船する港を間違えて、あわてました。

  • 大阪行きは、別府港から出港
  • 神戸行きは、大分港から出港

行先ごとに港が違います。

間違えて別府港に行ってしまい、大急ぎで大分港に移動しました。
別府港と大分港は、空いていれば車で20分弱です。

予約

ウェブで予約できます。クレカで全額を支払いました。

乗船手続き

港に着いたら係員の指示に従い駐車し、窓口に行き乗船手続きをしました。
予約で全額支払っていても手続き必要でした。

手続き終えたら車に戻り、乗船指示を待ちました。

神戸港で迷う

戸港で下船した後、高速への道順は、案内標識がなく、迷いましした。

下船した後の高速も3号線と5号線があり、インターは別々です。

名神高速に乗るなら3号線ですが、5号線に乗ってしまい、大阪環状線まで南下してから、北に戻ることになり遠回りをしました。

船内

風呂があります。23時ころまで入れます。それ以降はトイレの隣にあるシャワールームが使えます。

船室は「スタンダード」を使いました。
寝台車の2段ベッドのような1名ないし2名利用の個室です。

個室内に洗面所と、テレビ、小さな机とスツールがありました。

WiFiはなく、船室内は携帯も圏外でした。

瀬戸大橋

瀬戸大橋の下を通りますが、通過時間は夜です。

淡路島との間の明石海峡大橋の通過は早朝なので超早起きすれば朝の光の中で見ることができます

 

桜島フェリー

鹿児島ー桜島間のフェリーを使って、バイク桜島に渡りました

予約

予約はできません。港に行って、並んで乗るだけです。

乗船手続き

窓口での乗船手続きはありませんでした。

車列に並んでフェリーに乗船するだけです。

4輪が並んでいますが、二輪は横を通って一番前に行けます。

前に行くと、係員が「ここで待て」と指示してくれます。

港の入り口、車列の後ろには係員が居ませんでした。

料金は料金所で

桜島についたらフェリーから降りて、港の出口にある料金所で料金を払います。

高速道路の料金所のような料金所ですが、ETCは使えません。

混雑なし

連休中でしたが、朝早かったこともあり、乗船待ち時間は10分ほどでした。

同時に2隻以上の船が、桜島―鹿児島間をピストン輸送しているので、輸送力は大きいと思われます。

四国ー九州フェリー(国道九四フェリー)

愛媛の三崎港から、大分の関港までのフェリー(国道九四フェリー)にバイクで乗船し、九州に行ってきました。
その時のメモです。

予約:

電話で予約していきました。
電話で、日にちと出港する時間、氏名、車両のナンバープレートの番号を言って予約すると、予約番号をもらえます。
すべて電話での会話でメールやネットではありません。

乗船時の予約確認:

フェリー乗り場の入り口に居た整理する人が、車両のナンバープレートで予約を確認して駐車位置を指定してくれました。
整理員に、予約番号を伝えましたが、言わなくんてもナンバープレートで確認するので大丈夫な感じでした。

車検証:

乗船手続きの際にに車検証を提示してください。と一応書いてありました。

支払い:

予約金などの事前支払いはありません。乗船時に、窓口で払います。クレジットカードOKでした。

混雑:

ゴールデンウイークは、予約なしだとほぼ乗れません。
10時に来た予約なしの人が乗れるのは15:00過ぎとのことでした。10時以降に来た人は、乗れる見込みがないことを整理員の人が伝えて、帰ってもらっていました。

船室:

追加料金を払うと、展望室と個室が使えます。

展望室を使いましたが、船の進行方向前方の景色が窓越しに見えるだけでした。
無料のデッキのほうが、解放感も展望もあり、気分良かったです。

車両満載でも、船内の席は空いていました。席は十分です。

展望室や個室は、静かなのが取柄です。
短時間であっても静かに休息したい人向けです。

モンゴルでのツーリング検討中

モンゴルでのオフロードツーリングはツアーで行くしかなさそうです。

草原にはガソリンスタンドが無いようなので、ガソリンを運んでくれる伴走車と一緒でないと走り続けられそうもありません。 続きを読む モンゴルでのツーリング検討中

ニュージーランドの自動二輪保険

ニュージーランドでバイクを借りた時に入れそうな保険をリストアップしてみました。

レンタルバイク屋さんの保険と海外旅行保険があれば、それ以外の保険は不要かもしれませんが、レンタルバイク屋さんの保険の内容が貧弱な場合の検討材料です。 続きを読む ニュージーランドの自動二輪保険

Oodanadatta Track

Oodanadatta Track
Oodanadatta Track

オーストラリアのOodanadatta Trackを走ってきたので、参考情報です。

発音はウーダナダッタとか、ウードゥナダッタ とか言われてました。

Oodanadatta Track

870キロから260キロまで何種類かのルートがあります。

  • 260km: Lyndhurst-Marree-Roxby Down
  • 480km: Lyndhurst-Marree-William Creek-Coober Peddy
  • 870km: Lyndhurst-Marree-William Creek-Oodanadatt-Marla
Oodnadatta Trackの通行規制表示板

LyndhurstからMarreeは、Oodanadatta Trackではないようですが、Lyndhurstの北5キロほどの地点からダートです。

水やガソリンが補給できる場所は、Marree、William Creek、CreekOodanadattの3か所です。

ダートの状態

固めた土の路面です。深いコルゲーションが続く部分、浅いコルゲーションの部分、砂利に覆われている部分、砂がふき溜まっている部分などがあります。

高速走行可能

遠くの車が砂煙でわかる
遠くの車が砂煙でわかる

100㎞/hで以上の速度でガンガン走っている人もいます。
80km/hから90km/hで走っていてビューと追い抜かれました。

見通し良好

木が無く、山も無く、遠くまで見通せる荒野の中のダートです。

対向車が居れば、砂煙があがっているのが、かなり遠くからもわかります。

ブラインドコーナーが無く、道幅も広いので、対向車の心配なく走れます。

Oodnadatta Trackを歩く牛の群れ
Oodnadatta Trackを歩く牛の群れ

牛やカンガルーも出没していますが、見通し良いので対応できます。

平地の直線

道の起伏はあり、登り下りはありますが、急坂はありません。

直線や緩いカーブばかりで、タイトなコーナーもなく直線です。

道幅広い

四輪がすれ違える道幅があります。
路肩は砂だだったり、傾斜していたりして、バイクを停めにくいので、休憩できる場所は限られます。

砂はある
Oodnadatta Trackの砂
Oodnadatta TrackのSand Patch

砂の吹き溜まりや、砂に覆われた区間もあります。現地の人は、Sand Patchと言っていましたが、砂に覆われた路面が数百メール続いている場所もありました。

深さは、深くてもくるぶしが埋まるくらいまでした。

砂の深さや、場所は、風の強さや向きなどで変わるそうです。

トライアル的要素はなし

大きな石や岩がゴロゴロしているガレ場はありませんでした。

クレパスのような深いワダチもありません。

フロントアップで超えていくような岩や段差もありません。

急坂も、アクセルターンやブレーキターンで旋回していくようなコーナーもありませんでした。

ダートの変化

ダートの状態は以下の要因などで日々変わるそうです。

波状の凸凹になる路面(コルゲーション)になるのも、わだちが凹んでくるのも、主に四輪の走行が原因です。

砂が積もるのは風が原因、風で砂が吹き払われることもあります。

路面の状況は以下の要素で変わります。

1. 整地(grading)後の日数で路面悪化

ダートは定期的に整地(grading)をしています。

整地(grading)から日が経つにつれ、路面が荒れてきます。

2. 休日の有無で路面悪化

整地(grading)の後、ホリデーシーズンで通行量が多いと、短期間で荒れます。

3. 風が砂を支配

風で砂が運ばれてきて吹き溜まり(Sand patch)ができたり、
風で砂が吹き飛ばされて砂がなくなったります

4. 雨

直近の雨はなかったのですが、路面が濡れると、たいへん滑りやすくなるそうです。

川に橋もかけずに道路にしているので、路面=川底 となっている所がいたる所にあります。

雨の後以外は、川は枯れているので普通の道路ですが、雨が降れば道が川にになり水没しているそうです。

雨で封鎖も

雨が降ると、ルートは閉鎖されるそうです。

雨が止んでも、川の水が引くまでは閉鎖です。
Oodanadatta Track沿いにあるLake Eyreは、標高マイナス4メートルの低地なので、雨が降ると水が集まってくるそうです。

スチュアート・ハイウェイ

Stuart Highwayを走ってきたので参考情報です

制限速度

Stuart Highwayにある130km/h制限の標識
Stuart Highwayにある130km/h制限の標識

南側、South Australia 州内は制限速度110km/h

北側、Northern Teritory 州内は制限速度130km/h

でした

町がある場所は、80km/h、60 km/h制限がありますが、町が少なく、あっても小さいので、制限される区間はほんのわずかです

取締りは見かけませんでしたが、制限速度の110%を超える車両は稀でした。

明るい時間だけ走れる

続きを読む スチュアート・ハイウェイ

7,712kmのツーリング

オーストラリア縦断の7,712kmツーリングしてきました。

OUTBACKのツーリングは登山みたいでした

自販機もお店も人家も無い荒野を、宿泊地を目指して、ひたすら進みました

頼りになるのは、自分で持っている荷物の中にある物だけ

計画がずさんだと遭難です

登山と、OUTBACKのツーリングは、よく似ています。

全ては走るために

続きを読む 7,712kmのツーリング