Forma Adventure 購入

Forma Adventure ブーツを買いました。箱開けて履いてみた印象です。

サイズは+0.5cm:

スニーカーのサイズより0.5cm大きいサイズでジャストでした。素足での足の長さ(親指からカカト)より1㎝大きいサイズです。

重い:

ツーリングブーツの2倍くらいの重さに感じます。
革製の重い登山靴よりも重いです。
たくさん歩くなら疲れそうな重さです。

足首曲げ伸ばしは、固め

靴を履いて足首曲げ伸ばしはできますが、前方に曲がる角度は30度くらいまでです。45度は曲がりません。
全力で体重かけたりすればもっと曲がるかもしれません。

オフロードブーツよりは柔らかいですが、オンロードブーツよりオフロードブーツ寄りの固さです。
GaerneのG-ADVENTURE、G-MIDLANDと比べると、だいぶ固いです。

革も固い

革をコンコンと叩いた感じは、文庫本より固く、ハードカバーの表紙よりは柔らかい感じです。
つま先から筒口まで革の固さは同じです。
革が柔らかくなってくるのかもしれませんが、新品の時は固いです。
厚い皮なんだろうと思います。

バックルは軽快

バックルは4つともプラスチックで、作りも細めです。オフロードブーツのバックルのような丈夫さを感じません。トライアルとかでガツンと何かにぶつけたり、何度も転倒したりしたら、壊れるような予感がします。
倒れずに走り続ける前提の長距離オフロードツーリングでは問題ないと思います。

スタンディングで走る人むけではない

Forma のアメリカサイト(formabootsusa.com)の記述に、「金属で出来たギザギザのオフロード用ステップのバイクでの使用はおススメしない」という以下の記述がした。

These boots are not recommended for use with kick-start bikes or bikes with aggressive motocross style foot-pages.
If you are ridier that mostly stands up when you ride, we would recommend the Forma Terra Evo boots

軽い専用ソールが、オフ車のメタルステップには不向きだそうです。
ステップに立って走る人には、 Forma Terra Eve がおススメだと書いていてあります。

逆さま鉄の爪が靴底に食い込むような凶悪なステップのオフ車に立って乗ると、ソールが削れそうな予感はします。

step-rubber
別売ステップ・ラバー

アドベンチャーバイクなら、オフ車のステップのように凶悪なステップではありませんし、ステップにラバーが付いていたりするので大丈夫そうです。

ドロドロ、ヌルヌルの路面や、飛んだり跳ねたり、急坂だったり鉄爪でないと不安になるよう場所がチョットだけなら、ステップに取り付ける別売のラバーを使うこともできそうです。

立つための設計ではなさそう

ソールの、土踏まずの部分がフラットではなく、幅も狭いので、ステップに立った時の足の位置の自由度が制限されそうな形状です。

スタンディングで走る人向けにForma社がおススメしている Forma Terra Eve は、ソールにスチールシャンクが入っています。ソールの剛性が高いので、たち心地は Forma Terra Eve のほうがAdventureより上だと思われます。

セローなどのギザギザのオフロード用ステップに立ちっぱなしで走るスタイルの人向けのソール設計ではなさそうです。

耐久性、たち心地の両面で、スタンディング中心の人には不向きだと思われます。

ソールは酷使できない

接着ソールなので、ソールが削れてきた時のソール張替も難しそうです。

GaerneのED-PRO art.405にあるような足の先端、つま先の金属のガードがありません。

つま先をぶつけたり、擦ったりした時のソールの剝がれが心配になるような走りをする時に履くのには不向きかだど思われます。

このアドベンチャーブーツも、GAERNE G-ADVENTUREも、アドベンチャーバイク向きのブーツであり、オフ車の鉄の爪に靴底を削られることに耐えるようにはなっていないようです。

逆さま鉄の爪が靴底に食い込むような凶悪なステップのオフ車に立って乗ると、ソールが削れそうです。

オフ車も、鉄の爪ステップの鉄の爪をゴムでカバーする部品が販売されていますが、ドロドロ、ヌルヌルになると滑りそうな気がします。

モンゴルでのツーリング検討中

モンゴルでのオフロードツーリングはツアーで行くしかなさそうです。

草原にはガソリンスタンドが無いようなので、ガソリンを運んでくれる伴走車と一緒でないと走り続けられそうもありません。 続きを読む モンゴルでのツーリング検討中

夏のバイク、暑さ対策

夏、気温35度超えるような日にバイクで走る時の暑さ対策と、安全性確保の両立は、悩ましいです。

半ヘルにTシャツ、半パンという涼しさ最優先で走るほど、自信と勇気はありません。

は、オープンフェイスヘルメットを、水を含ませたクールインナーキャップの上に着用しています。

水を含ませておけば、1,2時間は気化熱をで冷却してくれます。

ただ、ピッチピッチのヘルメットだと、きつくなり過ぎて頭が痛くなるので注意です。布より厚みがあるので、インナーキャップがOKでも、これだと頭が痛くなることもあります。 続きを読む 夏のバイク、暑さ対策

No tags for this post.

CB1100バンクセンサー曲がる

CB1100 RS右バンクセンサーが曲がりました。

内側に折れるように曲がっています。

バンクセンサーがここまで曲がると、センサーより先にマフラーが接地しそうで不安になります。

マフラーなどの固定された部分に接地すると、接地点に重さがかかり、タイヤにかかっていた接地圧が減ります。
最悪タイヤが滑って転倒します。

バンクセンサーの重要性

続きを読む CB1100バンクセンサー曲がる

大型バイク海外生産が招く危機

バイクの海外生産が進んで、大型バイクも海外生産されるようになってきました。

生産国 メーカー 車種 排気量
タイ KAWASAKI Z650 650
タイ KAWASAKI VULCAN S 650
タイ KAWASAKI VERSYS-X 250 250
タイ HONDA Rebel500 500
タイ HONDA CRF250L 250
ベトナム HONDA PCX150 150
ベトナム HONDA LEAD125 125
ベトナム HONDA PCX125 125
ベトナム HONDA Dio110 110
インド HONDA NAVI 110 110
タイ HONDA GROM 50
中国 SUZUKI GSX250R  250
中国 SUZUKI V-Strom 250 250
インド SUZUKI GIXXER 150
中国 SUZUKI Address125 125
インドネシア SUZUKI Address110 110
インドネシア YAMAHA YZF-R25 320
インドネシア YAMAHA XMAX 250
インドネシア YAMAHA NMAX155 155
台湾 YAMAHA CYGNUS-X SR 125
タイ YAMAHA TRICITY125 125
台湾 YAMAHA JOG ZR 50

日本人好みの二輪が無くなる危機

続きを読む 大型バイク海外生産が招く危機

スマホでエンジン調整

YAMAHAの「パワーチューナー」がスマホアプリになりました!

パワーチューナー(専用端末)
パワーチューナー(専用端末)
アプリ化したパワーチューナー
アプリ化したパワーチューナー

今まで「パワーチューナー」は専用端末でしたが、iPhoneやAndroidで動く、誰でも無料でダウンロードできるアプリになりました。

スマホとバイクをWi-Fiつなぎ、スマホでエンジンのセッティングができます。
バイクのエンジンがWi-Fi対応!

燃調マップ100種類

初燃料噴射量と点火時期の燃調マップは、3種類プリセットされていて、切り替え可能

スマホの画面上で自分オリジナルの燃調マップを作り100種類まで保存することが可能 続きを読む スマホでエンジン調整

バイク生活にまつわる出来事