「HONDA」タグアーカイブ

CB400X

CB400Fに乗る感覚と、全く同じ感覚で乗れました。

乗り換えても違和感が全く無いです。

ミニカウルが付いているが、高速道路を走っても、カウルの無い400F と変わらない。

CB400X 後ろは相方のNinja400
CB400X 後ろは相方のNinja400
蔵王スカイラインでのCB400X
HONDA CB400X    ー 荷物は積みやすく固定しやすい

CB400X-2

CB400F

姿勢

座面が高い。ハンドルとの距離感もある。

400Super BordorやNinja400は、小さく丸まって乗る感じだが、400Fは丸まらずにスッと乗れる感じ。

ワインディングが楽

箱根、東伊豆、西伊豆のワインディングを、ZX-14Rと一緒に走りました。こういうワインディングは、CB400Fで走るほうが楽なんだと実感しました。
CB400F

エンジン

走りだすと400Fは、ガツンと加速する感じがする。

そのまま、1速で引っ張る60Kh/hくらいでレブリミットに当たる。

400SFの加速は電気モーターのように滑らかで、7000回転付近でからVTECが効いて加速する。

こういう盛り上がりは、400F にはない。

低速トルクは400SFのほうがある。400SFで2速でも走れる低速小回りが、400Fだと2速だとエンストしちゃうので1速に落とさないと抜けられない。

1速でアクセルOFF→ONをすると、400F は400SFほど激しいドン突きはない。
(400SFではドンと突き上げられる感じが強く1速でのアクセルOFF→ON操作に癖がある)

高速道路

減点6点、一発免停になる速度でも、安心して走れる(らしい)。

フロントが浮くような感じもなく、しっかりグリップしている。

一発免停領域でも、4速まで落として加速なんてこともできます。

6速で、レブリミッターに当たるところまでは、速度が出せたことはありません。

リッターバイクと一緒に楽しく走れます。
良識ある速度域ではリッターバイクに劣後しません。
一発免停領域では、リッターさんは余裕、こっちは目一杯、という差はあるものの、ついていけないわけではありません。

ハンドリング

Kawasaki ER-4n のようにフロントがフワフワ浮く感じはありません。。

ハンドルはスムースにフルロックするまで切れます。

CB400SFより軽い荷重移動で切れていきます。

車重は200kg弱ですが、押していると軽く感じます。

前に乗ってガツンと減速すると、リアを流すこともできます。